B工事にするかどうかは、工事の特徴を比較して決めましょう

b Construction

B工事による発注施工、所有権の違い

テナントをショッピングセンターに出店する際には内装工事が必要です。内装工事は、A工事、B工事、C工事の三種類に分かれます。それぞれの工事の違いについて考えたいと思います。
A工事とは、ビルの駆体部分等本体の工事です。この工事は、オーナーが工事費用を負担し、オーナーが発注施工します。例として、通路、階段などの共用施設、電気、ガス、水道メーターの工事です。店舗と店舗を仕切る駆体部分の工事もA工事です。A工事で出来上がった完成物の所有権は、オーナーに帰属します。
B工事は、テナントが決定した後に、テナントの要望でオーナーが行う工事です。ビルの安全性に影響を与える可能性があるため、オーナーがB工事を行います。例として、給排水、防水工事等A工事の追加工事です。この工事は、費用はテナントが負担するが、完成物はオーナー所有であるため注意が必要です。後でもめる事が無いようにするため、工事区分については、オーナーとの確認が必要です。
C工事は、テナントが行う工事で、オーナーの承認があれば行う事が出来る工事です。発注施工等、テナントが手配した業者が行います。例として、什器備品の据え付け工事、照明工事、電話工事です。出来上がったものの所有権は、テナント側に帰属します。

B工事の気をつけるべき点

B工事とは、テナントが決定した後に、テナントの要望でオーナーが行う工事の事を言います。B工事の発注は、オーナーがオーナーの指定業者に行います。指定業者が工事を行い、費用はテナントが負担します。
B工事で注意が必要な点は、オーナーは費用負担せずに完成したものの所有権はオーナーに帰属すると言うことです。オーナーとしては、少しでもテナントにお金を出させて質のよい設備を備え付けさせようとします。
また、オーナーに指定業者があり他の業者から見積もりをとることができない点も問題です。そこには競争原理が働きません。通常なら少しでも安くしようと業者は必死になりますが、オーナーとしては、いくら費用がかかっても自分が支払うわけでは無いので我関せずです。テナント側は、費用交渉ができないため、指定業者の請求した金額を払うことになります。結果として、通常工事する場合の2~4倍の費用を負担することになる場合もあります。
このような事態を防ぐためには、テナントの賃貸借契約を締結する前に、工事区分の確認をしておく事が必要です。初期費用も確認しておきましょう。確認を怠ると、賃貸借契約後に、内装工事の段階で思わぬ費用が発生し、オーナーともめることになります。そして何よりも大事なのがオーナーとの良好な関係作りです。内装工事の段階から、オーナーとの連絡を密にし、合意のうえで進めてゆく事が大切です。

B工事の特徴をC工事との比較で考える

テナントがショッピングセンターやビルに入るようになった際には、店舗の内装工事が必要となります。賃貸した店舗の中であるからと言って自由に内装工事が出来るわけではありません。オーナーとテナントの間で、工事の発注施工や費用負担をめぐって内装工事は、A工事、B工事、C工事の3つに分類されています。
多くの場合は、オーナーよりB工事で内装工事を行うことを要求されます。
B工事とは、オーナーの指定業者が工事を行い、費用はテナントの負担です。テナントの費用負担なら、テナントが工事業者を決めてもいいように思いますが、そうではありません。なぜならB工事は、ビルの駆体の安全性に影響を与えたり、周辺のテナントに騒音や悪臭を発生させ迷惑を与える可能性がある工事だからです。テナントに入る業者が見積もりをとって、適当な安い業者に工事をさせると、駆体を傷つけたり、建物の安全性が損なわれる可能性があります。
一方、C工事は、テナントがオーナーの承認を得ることが出来れば自由に行うことが出来る工事です。通常、建物の安全性や周りのテナントに迷惑をかける可能性が低い工事です。工事区分は、ビルのオーナーにより異なります。あるビルでは、B工事に分類されている工事が別のビルではC工事に分類されていることもあります。この分類は、相対的でB工事に分類されている工事を交渉でC工事に変更してもらうことも出来ます。オーナーとの交渉が重要です。


なにかと注意点も多く、自力で行うには困難なB工事を依頼できるのがこちらの強みです。オーナーにとってはとても助かるB工事の請負を行ってくれるので、不動産のオーナーで、B工事にお困りならぜひ活用してみてください。

オフィス街

オフィスのB工事、その他工事の特徴

自宅などの通常の工事とは違い、オフィスの工事はABCという3つに分類されます。一体これらのABC工事の違いはなんなのか、どう分類されているのかということを、これからできる限りわかりやすく解説をしていきます。オフィス工事の予定がある方は目を通して…

MORE

INFORMATION

B工事はどうして費用が高いのか

オフィスなどの工事は、オーナーが主体で行うA工事と入居者が行うB工事やC工事があります。そしてB工事は他の通常の工事と比べて費用が高くなりがちであるという…

オフィスのB工事、その他工事の特徴

自宅などの通常の工事とは違い、オフィスの工事はABCという3つに分類されます。一体これらのABC工事の違いはなんなのか、どう分類されているのかということを…

はじめてのB工事で思ったこと

今までオフィス工事というものはしたことがありませんでしたが、先日人生で初めてオフィスのB工事というものを行いました。オフィスの工事はA工事、B工事、C工事…

NEWS

TOP