B工事にするかどうかは、工事の特徴を比較して決めましょう

b Construction

B工事はどうして費用が高いのか

大きなビル

オフィスなどの工事は、オーナーが主体で行うA工事と入居者が行うB工事やC工事があります。そしてB工事は他の通常の工事と比べて費用が高くなりがちであるという特徴を持っています。なぜB工事は費用が高いのか、その理由について説明をしていきたいと思います。

B工事というのは費用は入居者が払うことになるものの、業者はオーナーが指定します。つまり入居者自身が業者を選べないので、高い業者でも我慢して利用をするしかありません。また指定業者というのは、お客さんを獲得するために他社と競って値下げなどのサービスをする必要がありません。さらに、B工事の費用負担は入居者ということで、オーナーは値下げなどの交渉をしてくれないケースがほとんどです。

こういったB工事の特徴から、通常の工事よりも費用は高い傾向にあると覚えておきましょう。実際のところB工事の指定業者には否定的な声もありますが、退去時の現状復帰などビルクオリティを考えた時には、この指定業者のメリットも出てきます。なので前向きに受け入れるしかありません。余裕を持って工事費用を考えるように心がけましょう。今後B工事をする予定のある皆様は、どうぞ参考にしてみてください。

オフィス街

オフィスのB工事、その他工事の特徴

自宅などの通常の工事とは違い、オフィスの工事はABCという3つに分類されます。一体これらのABC工事の違いはなんなのか、どう分類されているのかということを、これからできる限りわかりやすく解説をしていきます。オフィス工事の予定がある方は目を通して…

MORE

INFORMATION

B工事はどうして費用が高いのか

オフィスなどの工事は、オーナーが主体で行うA工事と入居者が行うB工事やC工事があります。そしてB工事は他の通常の工事と比べて費用が高くなりがちであるという…

オフィスのB工事、その他工事の特徴

自宅などの通常の工事とは違い、オフィスの工事はABCという3つに分類されます。一体これらのABC工事の違いはなんなのか、どう分類されているのかということを…

はじめてのB工事で思ったこと

今までオフィス工事というものはしたことがありませんでしたが、先日人生で初めてオフィスのB工事というものを行いました。オフィスの工事はA工事、B工事、C工事…

NEWS

TOP