B工事にするかどうかは、工事の特徴を比較して決めましょう

b Construction

下準備のB工事

ビル

B工事、または乙工事とも言われているこの言葉は、不動産関係の世界で使われている業界用語です。

初めて聞いたとき、果たして頭にすんなりB工事という文字が浮かぶでしょうか。

会話中にこの言葉が出たとしても、サラッと流してしまうかもしれません。何を意味しているのかわからなければ、重要な内容である程に困りものです。

B工事は、テナントが入るための下準備を行うことです。その際の費用負担はテナントで、オーナー指定の業者が工事を行い、完工後はオーナーのものになります。

テナントが費用負担するのに業者を選べないのかとなりますが、オーナー指定の業者ということは以前にも工事に入っているかもしれません。

建物の設計に対して理解があり、工事をする際の注意点も既に知っていることになります。オーナーからすれば安心出来る相手になります。

賃貸住宅で例えれば、A工事は建物全体のメンテナンス、B工事は部屋を貸せる状態にする手直しや下準備、C工事は部屋のリフォームとなります。

また、詳しい費用の分別を判断するために必要なものが工事区分表です。判断基準があることで、あとで問題になることは避けられます。

テナントとしては新たなビジネスの出発点です。関わる事柄について理解することは、良いコンディションでのスタートにも繋がります。

オフィス街

オフィスのB工事、その他工事の特徴

自宅などの通常の工事とは違い、オフィスの工事はABCという3つに分類されます。一体これらのABC工事の違いはなんなのか、どう分類されているのかということを、これからできる限りわかりやすく解説をしていきます。オフィス工事の予定がある方は目を通して…

MORE

INFORMATION

B工事はどうして費用が高いのか

オフィスなどの工事は、オーナーが主体で行うA工事と入居者が行うB工事やC工事があります。そしてB工事は他の通常の工事と比べて費用が高くなりがちであるという…

オフィスのB工事、その他工事の特徴

自宅などの通常の工事とは違い、オフィスの工事はABCという3つに分類されます。一体これらのABC工事の違いはなんなのか、どう分類されているのかということを…

はじめてのB工事で思ったこと

今までオフィス工事というものはしたことがありませんでしたが、先日人生で初めてオフィスのB工事というものを行いました。オフィスの工事はA工事、B工事、C工事…

NEWS

TOP